トップページ > たかしまエリアガイド:朽木エリア

たかしまエリアガイド:朽木エリア

山間の渓谷をぬう一筋の街道 「鯖街道」 。戦国時代から江戸時代にかけて、延々十八里のこの街道を通って若狭から京の都まで鯖が運ばれました。「鯖街道」の名はこれに由来します。街道を行き交った歴史・文化は、大自然と共に今も息づいています。近年、先人達の足跡を辿るべく、多くの人たちが朽木を訪れています。自然豊かな“いにしへの道”をぜひ体感してください。

area-kutsuki.buna.jpg 

ブナ原生林

ブナの木はその山の豊かさのバロメーターでもあるといいます。京都との境にある三国岳の中腹に広がりを見せ、大自然の織りなす神秘的な魅力を存分に堪能させてくれます。

area-kutsuki.kaido.jpg 

鯖街道

現在の朽木市場(いちば)は、かつての朽木宿が栄えた宿場町です。若狭と京の都を行き交う行商人たちは、時に緑陰で涼をとり、紅葉期にはあでやかさに憩う活気ある道筋でした。

area-kutsuki.koshoji.jpg 

興聖寺・旧秀隣寺庭園

興聖寺境内にある旧秀隣寺庭園(別名“足利庭園”)は、足利義晴が反乱の難を避け、約三年間ここに滞在した折、将軍を慰める為に細川高国が贈った庭園であるといわれています。

area-kutsuki.asa.jpg 

日曜朝市

毎週日曜・祝日(am7:00~am11:30)は、道の駅「くつき新本陣」にて特産品(栃餅・鯖のなれずし・鯖寿司・農産物・木工品等)を販売。地元手作りの朝市は毎回多くの人で賑わいます。

道の駅 くつき新本陣の写真
道の駅くつき新本陣
TEL.0740-38-2398
 
くつき新本陣は、旧領主・朽木氏の陣屋機能を現代風に復元し、1987年に誕生しました。毎週日曜・祝日に開かれる朝市が特に人気で、多くの観光客で賑わいます。
area-kutsuki.maruhachi.jpg
丸八百貨店
TEL.0740-38-3711
 
朽木の歴史や文化の情報発信拠点として誕生した“鯖街道・丸八百貨店”。無料休憩所のほか、特産品の販売、喫茶、鯖街道の資料展示などを行っています。
area-kutsuki.tenku.jpg
グリーンパーク想い出の森
TEL.0740-38-2770
 
キャビン、バンガロー等での宿泊の他、スポーツ、食事も可。露天風呂やサウナ等を備えたくつき温泉「てんくう」ではくつろぎのひとときを満喫できます。

area-kutsuki.tochi.jpg
栃の木の木の実を手間ひまかけてアクをぬき、おいしい餅米と一緒に餅にしたのが栃餅です。栃の実特有の香りと薄茶色の栃餅は昔なつかしいとファンも多く、大人気の特産品のひとつです。

 

トップページ > たかしまエリアガイド:朽木エリア
▲このページの上へ戻る