観光スポット情報

毎年5月4日に大荒比古神社で行われる、湖西随一の馬祭りです。この日に奉納される「奴振り」は昭和33年11月7日に滋賀県選択無形民俗文化財として指定を受けました。
「出立ちの祝杯」があげられ、その後練りが始められます。祭りの見どころは12基の的練り、そして聞きどころは2基の樽振りの「警句」です。「的練り」は、奴姿の若者が的を片手でもって練り歩き、「樽振り」は、酒樽を肩に担いで踊ります。その2つを含め「奴振り」といい、樽振りの「警句」はほとんどがアドリブで、毎年聞く者の笑いを誘っています。 もう一つの見どころは、馬場を勢いよく駆け上がり的を射抜く「流鏑馬」です。神社境内の参道を挟んで設けられた、2列の観客席のあいだを疾駆する姿は圧巻です。

七川祭の写真

詳細データ

アクセス

JR新旭駅より西循環線バスで約15分「川原市」または「安養寺・西」下車、徒歩約10分 ※例年、七川祭当日はバス停「井ノ口」には停車しません。

住所 滋賀県高島市新旭町安井川844
お問い合わせ

大荒比古神社 TEL:0740-25-5000
(公社)びわ湖高島観光協会 TEL:0740-33-7101 FAX:0740-33-7105

アクセスマップ