トップページ > 海津大崎の桜:海津大崎の歴史

海津大崎の桜:海津大崎の歴史

 【海津大崎 トップ】                                              アイコン 日本のさくら名所100選にも選ばれています!

                                                         アイコン 宿泊のご案内海津大崎周辺での宿泊はこちら

kaidu-sakura-kaidu-sakura-kaidu-sakurakaidu-sakura-kaidu-sakura-kaidu-sakura-kaidu-sakura-kaidu-sakura-kaidu-sakura-kaidu-sakura
桜の開花状況
 
周辺交通情報
 
交通規制情報
 
お花見船情報
 
お花見FAQ
 
 
【Topics】
 
 
weather[1].gif
 
海津大崎の桜に関する
お問い合わせ先 
(公社)びわ湖高島観光協会
  0740-33-7101
マキノ駅観光案内所       
  0740-28-1188
※お電話はおかけ間違いのないよう
 お気を付けください。
 

 

 
 
 
 

【海津大崎の歴史】

 

海津大崎の桜並木は、昭和11年(1936年)6月に “大崎トンネル” が完成したのを記念してマキノ町の前身である海津村が植樹したものです。満々と水をたたえる琵琶湖の青と東山連峰の緑の間を可憐なピンクの花びらが帯状に延びる景観は、奥琵琶湖に春の訪れを告げる代表的な風物詩となっています。
 
history02.jpg

 history.jpg
この桜並木の誕生は、海津村による植樹に先立つこと5年前、当時滋賀県高島地方事務所に道路補修をする修路作業員として勤めていた宗戸清七さん(当時37歳・百瀬村(現マキノ町)在住・故人)が作業の合間に自費で購入した若木を植えたことに端を発します。宗戸さんは当時未舗装の県道の改良や補修を日常業務とし、助手2人とリヤカーに土砂を積んで毎日巡回し、くぼみに土砂を埋め、盛り上がっている場所を削って平らにするという作業に携わっていました。そんな重労働の疲れを癒してくれたのが、道から見える澄み切った琵琶湖と沖に浮かぶ竹生島の姿でした。 
 
愛着のある道に何か残したいと思った彼は、桜の並木があれば景色が華やかになると考え、自力で桜を植え始めました。3年後に若木が花をつけはじめると、村の青年団も協力し始めます。彼の指示で団員がリヤカーに水や土を運び、若木がしっかりと根付くよう丹精こめて植樹されました。
 
こうして、宗戸さんと村の若者たちが植えた桜がしっかりと根を下ろしたことが、現在の桜並木をつくるきっかけとなったのです。

平成2年(1990年)3月、財団法人日本さくらの会から「日本のさくら名所百選」に選ばれ、全国から注目されるに至っています。
その後も、地元の人々や関係者たちがこの桜並木を大切に育て、たび重なる豪雪や崖崩れによる被害の際にも補植し守り続けられてきました。
 
 

 

 

トップページ > 海津大崎の桜:海津大崎の歴史
▲このページの上へ戻る