観光スポット情報

全ての情報を表示しています。

225件ヒットしました。

「われ~は湖の~子~♪」で知られる琵琶湖周航の歌。この歌は大正6年の初夏の夕べ、旧制第三高等学校(現在の京都大学)ボート部に所属していた小口太郎が琵琶湖周航2日目、今津の宿でクルーにこの詞を披露したと...

JR近江今津駅より徒歩約3分

マキノ資料館

マキノエリア 地図あり

農林水産業で暮らしを営んできた先人の知恵と労苦と知り、次代へ引き継ぐことを目的に、平成5年(1993年)4月に開館しました。第1展示室は、「稲作の昔と今」、「山の仕事」、「湖の仕事」、「村の行事」、「...

JRマキノ駅よりタウンバス国境線で約2分「中学校前」下車、徒歩約2分

四高桜の碑

高島エリア 地図あり

萩の浜の手前の一角に、四高桜(しこうざくら)という高さ3mほどの石碑があります。これは、昭和16年4月6日、旧制第四高等学校(現在の金沢大学)のボート部員が萩の浜沖で遭難死したのを悼んで建てられた慰霊...

JR近江高島駅より浜線定時乗合タクシーで約3~15分「萩の浜口」下車

紫式部の歌碑

高島エリア 地図あり

「三尾の海に 網引く民のてまもなく 立居につけて 都恋しも」この歌は「源氏物語」の作者紫式部が、この地を通ったときに詠んだものです。平安時代の長徳2年(996年)越前の国司となった父藤原為時から船路に...

JR近江高島駅より定時乗合タクシーで約15分「白鬚神社前」下車すぐ

近江高島駅発 7:53  8:56  10:55  13:45  15:30  16:53

【お問い合わせ】近江タクシー 0740-22-0106

「しらひげの神の御前にわくいつみ これをむすへは人の清まる」白鬚神社の境内にある歌碑は、「明星」派歌人の第一人者である鉄幹・晶子夫婦のものです。与謝野鉄幹は、明治6年に京都の願成寺に生まれ、若い頃から...

JR近江高島駅より定時乗合タクシーで約15分「白鬚神社前」下車すぐ

近江高島駅発 7:53  8:56  10:55  13:45  15:30  16:53

【お問い合わせ】近江タクシー 0740-22-0106 

万葉歌碑

高島エリア 地図なし

西近江路は、大和と北陸地方を結ぶ最短路として早くからひらけ、遠く北陸へ赴任する官人や旅人の重要な交通路でした。万葉人が、都と北陸地方との往き帰りに高島での旅の叙情を詠んだ歌が幾首か残されています。■歌...

JR近江高島駅より徒歩約10分~約60分

清水の桜

マキノエリア 地図あり

海津大崎並木口から北へ約1km、海津の墓地の中に1本の老樹「清水(しょうず)の桜」があります。樹種はアズマヒガンザクラ。樹齢300年以上といわれ、水上勉の小説「桜守」の中でも賞賛されています。加賀藩前...

JRマキノ駅よりタウンバスマキノ高原線で3分「海津大崎口」下車、徒歩5分

びわこ箱館山ゆり園

今津エリア 地図あり

冬季はスキー場として多くのスキーヤー・スノーボーダーに親しまれる箱館山(はこだてやま)では、夏になると約250万輪のゆりの花が色とりどりに咲き誇ります。天空ゆりトレイン、プールやスノーマウンテン・芝ソ...

JR近江今津駅より総合運動公園行きバスで約20分「箱館山」下車すぐ

饗庭野(あいばの)の伏流水が創り出した自然の傑作、ザゼンソウの群生地。サトイモ科のこのめずらしい植物は、毎年2月から3月にかけて花を咲かせ、湖西地方に春の訪れを告げてくれます。紫褐色の大きな仏炎苞(ぶ...

JR近江今津駅より小浜行きバスで約7分 「ざぜん草前」下車、徒歩3分

秋の彼岸頃に咲くことからその名がついたというヒガンバナ(別名:マンジュシャゲ)は、高島市内でも湖岸や田んぼのあぜ道などで見られます。中でも、広範囲にわたって群生しているのが今津町の桂浜園地です。群生す...

JR近江今津駅よりあいあいタウン線予約乗合タクシーで約12分「北仰東(きとげひがし)」下車、徒歩約10分
※予約乗合タクシーは各便始発時刻の30分前までに要電話予約
 予約は近江タクシー TEL:0740-22-0106 まで

225件ヒットしました。