観光スポット情報

カテゴリー:観る の観光スポット情報

72件ヒットしました。

新旭町針江(はりえ)地区は、里山の写真家・今森光彦さんが撮影、2004年1月にNHKハイビジョンスペシャルで放映された映像詩『里山・命めぐる水辺』の舞台となった場所です。地域の綺麗な湧き水を、地域住民...

JR新旭駅より徒歩約15分または東循環線バスで約3分「針江公民館前」下車すぐ

市場の町並み

朽木エリア 地図あり

朽木(くつき)の市場地区は鎌倉時代から続く陣屋町でもあります。街道が直角にカーブしているのが特徴で、今では小浜と京都を結ぶ「鯖街道」の宿場町として有名です。鎌倉時代には荘園が置かれ、朽木氏による支配下...

JR安曇川駅よりバスで約30分「朽木支所前」下車すぐ

海津の町並み

マキノエリア 地図あり

マキノ町の東部、海津は西近江路と湖上交通の要衝として栄えた宿場町であり港町です。湖岸には、風や波から家を守るために延々と続く石積みが残されており、独特の風景を形成しています。この石積みは、江戸時代に、...

JRマキノ駅よりタウンバス高原線で約2分「海津」下車すぐ

陽明園

安曇川エリア 地図あり

王陽明(1472-1528)先生の生地である中国浙江省余姚市と、日本陽明学の祖・中江藤樹(1608-1648)先生の生地である滋賀県高島郡安曇川町(現、高島市安曇川町)との友好交流を記念して、平成4年...

JR安曇川駅より船木線バスで約5分「藤樹記念館前」下車すぐ

胞衣塚

安曇川エリア 地図あり

継体天皇は高島の地に誕生され、母・振姫がお産のあと天皇の「へその緒」を埋めたのが、この胞衣塚だと伝えられています。胞衣(えな)とは胎盤のことのようです。この塚は、直径約11.5m、高さ約2.5mの円墳...

JR安曇川駅より高島・安曇川線バスで約10分「三尾里」下車、徒歩約7分

鴨稲荷山古墳

安曇川エリア 地図あり

鴨川右岸に広がる沖積地に位置する古墳です。古墳時代後期のもので、湖西地方では平野部に立地する唯一の前方後円墳です。 現在は前方部の墳丘がありませんが、周辺の地形などから、全長45m・後円部の直径25m...

JR安曇川駅より高島・安曇川線バスで約10分「宿鴨」下車、徒歩約5分

田中城跡

安曇川エリア 地図あり

上寺(うえでら)集落の裏山にあることから、通称上寺城と呼ばれています。急傾斜の山全体に、段々畑のような「郭」が築かれており、その規模は高島郡では新旭の清水山城跡に次ぐ大きさと言えます。元亀3年(157...

JR安曇川駅より横山・田中線バスで約10分「上寺」下車、徒歩約20分

安閑神社

安曇川エリア 地図あり

安閑神社(あんかんじんじゃ)の境内には、俗に「神代文字」と伝えられている1基の碑(高さ1m、幅1.4m)が建っており、表面には絵とも文字とも判別しにくい陰刻があります。旧産所村(現、安曇川町田中馬場地...

JR安曇川駅より徒歩約10分

藤樹神社

安曇川エリア 地図あり

藤樹神社は、近江聖人・中江藤樹(おうみせいじん・なかえとうじゅ)ゆかりの神社として有名です。大正11年(1922年)に中江藤樹を敬慕する人々の協力によって建てられました。建立にあたっては、皇室ご下賜の...

JR安曇川駅より船木線バスで約5分「藤樹記念館前」下車、徒歩すぐ

波爾布神社

新旭エリア 地図あり

波爾布神社(はにふじんじゃ)は、旧饗庭村と旧新儀村の一部を合わせた計17地区の御社で、近世初期に遡る新旭町最古の建築です。古来高島郡内の大社の一つであり、土生(はぶ)大明神と称されていました。この地の...

JR新旭駅より西循環線バスで約15分「木津」下車、徒歩約20分

72件ヒットしました。