観光スポット情報

エリア:安曇川エリア の観光スポット情報

40件ヒットしました。

安曇川

安曇川エリア 地図あり

安曇川は、町名にもなっていて、町の北辺を西北から琵琶湖に流れ、流長57.9km、流域面積418.9k㎡におよぶ県下大二の大河です。安曇川本流はもとより、支流の北川、麻生川、針畑川は、今もなお昔のままの...

(最寄り駅)JR安曇川駅

エカイ沼

安曇川エリア 地図あり

面積約1.3haの内湖です。休日には釣りを楽しむ人々で賑わうこの沼は、田園の真ん中にあり、自然を満喫することができます。...

JR安曇川駅より車で約10分

陽明園

安曇川エリア 地図あり

王陽明(1472-1528)先生の生地である中国浙江省余姚市と、日本陽明学の祖・中江藤樹(1608-1648)先生の生地である滋賀県高島郡安曇川町(現、高島市安曇川町)との友好交流を記念して、平成4年...

JR安曇川駅より船木線バスで約5分「藤樹記念館前」下車すぐ

江戸時代初期の儒学者で日本陽明学の祖といわれた中江藤樹(1608-1648)の遺品を展示する記念館です。中に入ると陶板のレリーフが目に入ります。これは藤樹神社に伝わる「藤樹先生御絵伝(とうじゅせんせい...

JR安曇川駅より船木線バスで約5分「藤樹記念館前」下車すぐ
※大型バスの駐車場は藤樹記念館南の市営駐車場をご利用ください。

胞衣塚

安曇川エリア 地図あり

継体天皇は高島の地に誕生され、母・振姫がお産のあと天皇の「へその緒」を埋めたのが、この胞衣塚だと伝えられています。胞衣(えな)とは胎盤のことのようです。この塚は、直径約11.5m、高さ約2.5mの円墳...

JR安曇川駅より高島・安曇川線バスで約10分「三尾里」下車、徒歩約7分

安閑神社

安曇川エリア 地図あり

安閑神社(あんかんじんじゃ)の境内には、俗に「神代文字」と伝えられている1基の碑(高さ1m、幅1.4m)が建っており、表面には絵とも文字とも判別しにくい陰刻があります。旧産所村(現、安曇川町田中馬場地...

JR安曇川駅より徒歩約10分

三重生神社

安曇川エリア 地図あり

式内社である三重生神社(みおうじんじゃ)には、継体天皇の両親である彦主人王と振姫の二神が、つつましく寄り添うように祀られています。5月第3日曜日には古き良き時代を思わせる神事が厳粛に執り行われます。...

JR安曇川駅より古賀線または朽木線バスで約5分「三重生」下車すぐ

田中神社

安曇川エリア 地図あり

田中神社には、鎌倉時代の石造品が6基ほどあり、文化財として大切にされています。また、毎年5月4日には、勇壮な流鏑馬神事で有名な「田中祭」が催され、鉦や太鼓の音も賑やかに氏子が参道を練り歩き、その年の豊...

JR安曇川駅より横山・田中線バスで約5分「馬場」下車徒歩5分

玉泉寺(布袋尊)

安曇川エリア 地図あり

奈良時代に行基によって開山されたと伝えられる玉泉寺(ぎょくせんじ)は、阿弥陀山の山麓の泰山寺野の裾野に位置し、町内でも古い寺院の一つです。天台真盛宗の末寺です。境内にはたくさんの石仏があり、中でも本堂...

JR安曇川駅より横山・田中線バスで約5分「三田」下車、徒歩約3分

藤樹書院・良知館

安曇川エリア 地図あり

 近江聖人といわれた日本陽明(ようめい)学の祖、中江藤樹(なかえとうじゅ)(1608-1648)の住居跡・講堂跡で、国の史跡に指定されています。 この建物は、藤樹の自宅が狭くなったために彼が没する半年...

JR安曇川駅より船木線バスで約5分「藤樹書院前」下車すぐ

40件ヒットしました。